前期の講義の終わりが見えてきた

前期の講義の終わりが見えてきた。

オンライン講義で行ってきた月曜日一限の講義の終わりが見えてきた。残り3回である。オンライン講義は色々と準備が大変で、最初の頃は「講義ビデオが見れません」やらトラブルもあったけど、次第に自分も学生もスキルが上がってきて、今では何もなく講義を終えることができている。

さて、終わりが見えてくると考えなくてはいけないのが最終評価の方法である。中間評価はオンラインで行ったので、いくつか問は出したが、そんなものは自宅で色々調べて答えることができる(と思うので)。要するにほぼレポート課題みたいなものだった。点数差も付きにくかった。

ということで、是非について考えに考えて、最終評価は学生に教室に来てもらって通常通りの紙媒体の試験をしてもらうことにした。試験に使用する教室的にはガイドラインに従っているので問題なし(収容定員の4分の1以下)。対策も十分に実施する。もちろんマスク着用で、消毒スプレーでシュッシュっと。これでやる。やる。

後期の講義はどのようにするのか、まだ大学の方針は決まっていないようである。すべてオンラインって訳ではない思う。可能なものは対面で。教室定員的に難しいものはオンラインってところだろうか。卒論もあるが、今年は卒論発表会もみんなが集まって・・・って訳にはいかないと思う。

と思ったら、上層部からアナウンスが。

「原則オンラインで!」

ほんま、早く普段の大学に戻ってほしいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント