minor revision その2

minor revision の審査結果が届いた。

投稿中であった別の論文。ラボからの論文であり、他大学との共同研究の論文である。審査にかなり時間が掛かったが、まぁ minor revision ならそのことは水に流そう。結果がすべてだしな。ちなみに、reviwers は3人で、sのうち一人は審査結果を返さなかったようである。結果、2名の審査員が positive で minor revision になったのである。よし、よし。

さて、いつもなら、reviewers のコメント多すぎWWWWW とか文句を言うのであるが、この論文に限っては自分が主で revisionするわけではない。というのも、この論文に関しては自分は corresponding でも、first でもないのであった。うちのラボの仕事ではあるが、論文投稿は若い人に任せて・・・ってやつである。だから、reivision もお任せする予定。若いうちに論文を書くという責任感を感じさせないとね。ちなみに、corresponding はラボの助教の先生、first は共同研究先の若手の先生。

ということで、こちらも終わりが近い。次、次の論文だべ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント