論文投稿

論文を投稿したべ。

リジェクトされた論文。レビューに回って落とされたので reviewers のコメントは付いてきた。その中から「有効な(=文章の修正で対応できる)」コメントをピックアップし、修正原稿を作成した。この作業のとき、 reviewers のコメントを深く読んだのだが、やはり何で reject されたのか、よくわからへん。major revision でも良いような気がしてならない。

しかぁ~し、何を言ってもしょうがない。editor 様の判断だからな。野暮な editor にあたったと思うべ。そして、野暮さを凌駕できる内容の論文を書かなかった自分の実力の無さを嘆かないとな。まぁ、でも、この仕事にこれ以上リソースを割くことはラボにとってもあまり得策ではないのでね。ここらで片を付けたいのである。

ということで、修正原稿は reviewers のコメントを取り入れ、少し良くなった。で、早々に別の雑誌に修正原稿を再投稿した。

上手く行け!