コピーロボットが欲しい

コピーロボットが欲しい・・・。

パーマンのあれな。

時間との闘いになった時、どれを捨てるのか悩ましい時もある。可能であれば全部手を付けたい。でも、中途半端では・・・。爺だから踏ん張る体力もないし。
現在ぶち当たってるのは「研究費の申請(今月末締め切り)」と「論文書き(学位関係)」。優先するのは「論文書き(学位関係)」。これは間違いない。でも、「研究費の申請(今月末締め切り)」を行うつもりで色々と書く内容を練っていたので、申請書を書きたい気持ちが強い。でも、現状を考えると満足した申請書を書けるとは思えない。

研究費の申請書を書く理由を考えてみる。

・研究費が欲しい→今年度&来年度と逼迫しているわけではない
・研究プロジェクトのアイデアを評価して欲しい→論文を書けばいじゃん
・大学への貢献→これは大きいポイント。だが、他からお金を取ってくればOK

そうだな。研究費書きは捨てることとしよう。次のチャンスもあるでしょ。無理してまで追う必要はないので。二兎を追って一兎も得ず(研究費は房拓、論文はリジェクト・・・)、は嫌なので、ここは論文書きに集中して確実にアクセプトを狙うのが正解だな。。

凡人には的確な取捨選択が必要だと思う今日この頃。