テーマ:学会

令和2年度 秋季大会の中止について

園芸学会の秋季大会が中止になりました、とメールが来た。 9月、岐阜での開催だったんだけどね。まぁ、しょうがないよね。リスクを取るべきか、と言われると、学会はうーーーんって感じだし。早い段階での中止発表で良かったんじゃないかな。発表を予定していた学生さんにとっては残念かもしれないけど、学会発表は取るに足らないって言えば足らないからね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の学会

春に開催される学会の参加案内が来るのだが・・・。 今年も行けへんわ。その時期、入試業務やねん。ほぼ毎日時間に追われる仕事やねん。ミスは許されへんねん。ってことで、昨年に続き、今年も春の学会はスルーすることに決定。まぁ、来年度も行けへんの確定やけどな。ふっ。 今年はひとつも学会に行ってないわ。共同研究で発表はしてもらってたりす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰と足の付け根が痛い

土曜日の日帰り京都出張の影響で腰と足の付け根が痛い。 京都大吉田キャンパスって意外と行き難いのよね。京都駅からバスが一番楽だけど、この時期の京都は観光客であふれかえっているので(季節を問わないかもしれないけど)通常30分のところが1時間掛かる時もあるって聞くし。タクシーも楽で良いけど、お金が掛かるし。 ということで、土曜日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り

仕事時間、30分。 膨大な観光客を横目に甲府に戻るべ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和訳完了

某学会から頼まれていた論文アブストラクトの和訳が完了。 たかだか8本の論文だが、結構時間が掛かったな。合計時間にしてほぼ1日(14-16時間)の仕事時間を掛けたことになる。 この仕事、毎年春と秋に依頼が来るのだが、いつも「面倒だなぁ・・・。論文くらい英語で読まないと・・・ブツブツ」と文句を言っているのだが和訳をやりながら実の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

abstract の和訳

某仕事で、英文abstractを和訳する業務がある。 たかだかabstract8つだが、骨が折れる仕事である。nativeの英語は自分が使用しない単語が難しく、native でない人の英語は何を言っているのかわからない場合がある。一番よくわかるのは日本人の英語であるが、残念ながらこの雑誌(ワイン&ブドウ関係のアメリカの雑誌)に日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

叱咤激励

先週末に参加していた「日本ブドウ・ワイン学会」での出来事。 ラボのスタッフが発表したポスターは既に論文になっていたので、ポスター横に論文コピーを置いておきアピールを。50部を持ってきて40部はなくなったようでアピールに成功かな、っと思っていた時に某先生から声をかけられた。 日本ブドウ・ワイン学会の参加者はワイン業界の方々が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ブドウ・ワイン学会

先週末にかけて日本ブドウ・ワイン学会参加のため、島根に行ってきました。 島根県に来るのは人生で2度目のことです。学生時代に植物病理学会で行ったはず。今回は電車で行ったのですが、いやぁ、遠かった。9時間コース。人生で一番長く電車に乗りましたね。山梨大学の旅費ルールでは本州への出張は、基本電車のようですよ!It's the ローカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生の勉強意欲を削ぐのは・・・

何だかなぁ。 某学会主催の勉強会(修了証がもらえるもの)に学生が参加したいと希望したので、ラボの研究費(寄付金など)で行かせてあげようと思ったら・・・ 「学生の勉強会参加は自費です」 だってさ! 何だかなぁ。 例えば、学生が学会発表せずに学会に参加するのも「勉強」のためでしょ。これは旅費や宿泊費が出せる。で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

英語での発表の様子

6th OENOVITI INTERNATIONAL symposium での発表時の写真を入手したのでアップしましょう。 発表ですが、練習は嘘をつきませんでした。このシンポジウムに照準を絞って、緊急の仕事以外発表の練習に時間を充てていたのでした。何回通して練習を下かもわかりません。100回以上?そのおかげで、緊張はしたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6th OENOVITI INTERNATIONAL symposium 後記

昨日無事にスイスから戻ってきました。 6th OENOVITI INTERNATIONAL symposiumについては、ラボのFaceBook (https://www.facebook.com/fruitgenetic)にアップしていきますので、こちらではスイス旅について書きます。 今回、invites speaker だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園芸学会 後記

昨日まで園芸学会のため名古屋に居りました。 今回は5人の発表があり、それなりに質疑もできて良かったと思います。ただ、園芸学会ではマイナーな発表内容もあったので(植物生理の方が良い?)、今後は適材適所で発表を考えていこうと思う。ただ、色々な学会に参加すると9月と3月は学会だらけになってしまうんだよなぁ。やはり、ブドウ屋は園芸かな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

American Society for Enology and Viticulture

今年は参加しないことに。 American Society for Enology and Viticulture(日本語でいうと、アメリカ ワイン・ブドウ学会かな)のNational Conference が来週モントレーで開催される。この学会にはほぼ毎年参加しているのだが、今年は不参加。 理由は単純である、発表するものが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園芸学会に参加中

土曜日、日曜日と園芸学会に参加していました。 園芸学会秋季大会は地方開催がメイン。今年は徳島に来ました。 徳島と言えば、まずはコレ 徳島ラーメン。駅側にある人気店「麺王」にて。徳島に着いて直ぐとスタッフとの食事後の締めと、2回通いました。以前、愛媛に住んでいた時に食べた徳島ラーメン(徳島まで食べに行った)のイメージ(た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語論文要約を和訳する

先週末から英語論文の要約を和訳している。 某学会の仕事である。日本語の学会誌に掲載するために春と秋に仕事が回ってくる。要約する論文数は6~7本なので、めちゃくちゃ大変!ってわけではないが、原論文を読んだことがない人に読ませるので、それなりに苦労する。 今回は6本の論文だったが、和訳するのに1日半ほどかかってしまった。英語の論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASEV 2015 National Conference in Portland

土曜日まで「ASEV 2015 National Conference」のためポートランドへ行ってました。 ASEV = American Society for Enology and Viticulture 日本語で言えば、「アメリカ ワイン・ブドウ学会」ですかね。ブドウ栽培、醸造、官能評価、などなど、ワインに関する研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園芸学会に参加中

現在、千葉大学ににて園芸学会に参加中。 スーツ率95% 自分=パーカー+ジーンズ 学生↓ 私服でポスター発表。 どうにかならんものかねぇ。 もっと身軽にできないものかねぇ。 スーツで参加するとスーパーに成長できるなら良いんだけど、そんなことないし。おっさんの機嫌伺いくらいかな(←非常に重要)。 まぁ、良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園芸学会に参加しました

土曜日、日曜日と、佐賀大学で開催された園芸学会に参加してきました。 ラボからの発表は4題4名。勉強のため参加した学生2名。自分を入れて計7名での参加。50万近い旅費が吹っ飛びましたが、お金では買えない経験がでいたはず。多分・・・ ブドウの演題も多く(生食用がメインですが)、勉強になりました。名古屋大の研究も今後が面白そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

65th ASEV National Conference

火曜日から土曜日までテキサス・オースチンへ。 65th ASEV National Conference への参加したのであった。もちろん帯同した学生さんは発表があった。 ディスカッションの様子↓↓↓ 基本、完全放置なので、何を助けることはしない。なので、きちんと「英語で」ディスカッションできたのかはわからない。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分生

火曜日から昨日まで分子生物学会に参加していました。 実のところ、山梨に来る前までは分子生物学会の会員だったのですが、山梨に来て会員をやめてしまいました。ブドウ屋にはちょっと敷居が高くなったため&大きい学会で目立つほどの実力がなかったためです。まぁ、ブドウ屋に転身したので、小さいところからコツコツと攻めていこうと思ったし、未だに実力不足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ブドウ・ワイン学会にて

土曜日は日本ブドウ・ワイン学会へ参加。 学会ではあるが、小さい学会である。今年の参加者は170名ほど。 アメリカブドウ・ワイン学会の日本部会としての立ち位置なので、6月にアメリカで開催されるるAmerican Society for Enology and Viticulture(ASEV)が本丸である。 本丸アメリカでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園芸学会秋季大会

19日(木)午前中に某メーカーと研究打ち合わせを行った後、盛岡へ。園芸学会秋季大会への参加。ラボからはポスター1枚。同行したのは、発表するスタッフと学会初参加の4回生2名。 今回は口頭の演題数が少なかったため、結構余裕のあるスケジュール。地方での学会は空いたスケジュールで観光するのもひとつの楽しみなので、結構、色々と回れたようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物病理学会関東部会

昨日、今日と、植物病理学会関東部会が開催されています。今日は予定があるので、自分は昨日だけの日帰り参加でした。 午後にラボからの発表がありました。発表前のスタッフの様子。 発表前に入念に準備をしたおかげか、発表は上手でした。頑張りましたね。 質疑応答で、「既にいくつか先行事例がありますよ」ということを指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物病理学会 遠心器の修理代

3月末の植物病理学会大会に発表したいというスタッフがいたので、修士論文のチェックは後回しにして、急遽スタッフとともに講演要旨を完成させることに。450字以内なので、書く量はたかが知れているが、短い文章だからこそセンスが光るというもので。言いたいことはすべて組み入れたいので。なんやかんやで、10回くらい書き直したかな。印刷しては、声を出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

63rd ASEV National Conference に行ってました

先週頭から、63rd ASEV National Conference への出席のため、ポートランドに行ってました。ASEV は「American Society for Enology and Viticulture (訳すなら、アメリカ ブドウ・ワイン学会)」の略です。この学会の学会誌が AJEV(American Jornal o…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロニーPCR 突然の会議

今までラボでは、「大腸菌を懸濁→95℃処理→PCR反応液を加えて→PCR」というステップでコロニーPCRをかけていたのですが、今日からシステムを替えました。使用するのは、タカラバイオのEmeraldAmp PCR Master Mix。要は、プライマーとテンプレート以外はすべてプレミックスにしてあり、電気泳動用のローディングダイも入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やりたくない雑務

春と秋に回ってくる「やりたくない雑務」。それが今年も回ってきました。それは、以前もブログで書きましたが、英語論文のアブストラクトの和訳。たった7つの論文ですが、苦痛です、はっきり言って。なぜ、やりたくないのか、苦痛なのか。それは「和訳する意義が自分にはよくわからないから」。英語が読めない人でも海外の最新の情報を入手できるようにするという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more