テーマ:研究費

研究費の獲得、連勝続くか?

研究費の獲得、連勝なるか!? ラボのスタッフが申請していた研究費が書類審査を通った。メールを見せてもらったが、確かに書類審査が通っている。まじか!?採否の連絡が遅かったので「ダメかもなぁ」って心の中で思っていた(=本当は申請したことも忘れていた・・・)。まぁ、とりあえず第一ステップをクリアーってことでよし、よし、よぉ~~し。波に乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究大学様

某国立大学の知人とやり取りをしていた。 某国立大学とは言え、うちの大学とは規模が全然違う。ちゃうちゃうやわ。向こう様は「研究大学様」。うちは「地方小規模大学」。 で、何の話をしていたかというと、教員の研究費のこと。今、自分は学科長をやっているので、学科の教員に配る教育・研究経費が少ないとぼやいたわけだ。でも、まぁ、研究大学様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連勝♪

連勝、連勝♪ 応募している数が少ないのもあるが、ここ最近研究費などの申請は連戦連勝である。ラボのスタッフの者も入れれば7連勝である。 学内の競争的資金に応募していたのだが、採択通知を頂いた!よしよし。まぁ、学内の予算には応募しないでも問題なし!というのが本当は良いのだろうが、コンペティションと名がついているわけなので迷わず参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儲けること

インターネットの記事に思う、研究費をがむしゃらに集めて何が悪い、と。 前澤友作氏が「そんなに儲けてどうするの?」という質問に「儲けることは素晴らしい。儲かるということは、人の役に立ったり喜んでもらえたことの証。儲かると多くの人を雇用でき給料が払える。多くの税金も払える」とし、「事業を作って儲けることはある種の社会貢献だと思う」と主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費の報告書

今週は空いた時間を利用して科研費の報告書を書いている。 昨年度で終了したやつですね。 「科研費は、国民から徴収された税金等でまかなわれるものであり、研究者は、その成果を社会・国民にできるだけ分かりやすく説明することが求められている。」 ということなので、分かり易い日本語(専門用語に注釈をつけて)で書いている。日本語で論文を書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究成果報告書 [科研費]

科研費の研究成果報告書を書かないといけませんな。 昨年度で終了した科研費の研究成果報告書。税金で研究をさせて頂いたので、報告は義務だな。それは間違いない。学内の締め切りが6月中頃にあるのでそろそろ手を付けておかないとな。明日から書き始めましょうかね。 一応、この科研費から生まれたデータは現在論文投稿中。対外的にアウトプットで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

申請書を書いてみる

研究費の申請書を書いてみる。 今まで書いてきた論文も追加実験の結果待ちになった(=一通りの形になった♪やっほー!)ので、別の研究活動をしようと思い立ち、手を付けたのが研究費の申請書書き。今年度は新たに①科研費×1、②財団もの×1、③共同研究×1が加わったが、正直もう少し研究費を集めたいかな。今年度ではなく来年度に向けてな。大きくド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費 =アクセスが倍

先週のブログのアクセスは通常の2倍だった。 さすが、天下の「科研費」様。先生方も他人の科研費の採否に関心があるのだろう。1日と2日の記事はいつもの3倍近いアクセスだった。良かった、採択されて。不採択の場合、反省文を書くのであるが、やはり敗戦の弁(力及ばず・・・ってやつ)、言い訳(審査員がアホなんじゃい!ってやつ)を見られるのはちと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費採否の結果

昨日、科研費採否が判明した。 10時発表。直ぐにアクセス。しかし、なぜか科研費のサイトにつながらず・・・。アクセス集中でしょうね。お祭り状態というところ。でも、例年はアクセスできないってことはなかったけどね。何かあるのかね。 昼飯を食べた後に漸くアクセスできたので、例年通り「交付内定時の手続き」ボタンをドキドキしながらクリッ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

科研費採否発表の日

今日は4月1日。 科研費の採否発表の日である。いつもなら「待ちに待った日」であるが、今年はコロナの影響でそこまでテンションが上がっていない。新学期の対策で頭を悩ましている日々なので。そもそも研究がいつまで通常通りできるのかも不明であるし。フランスのボルドー大なんかは大学&研究所は閉鎖で、教員は自宅待機だって。大事な植物、枯れちゃう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

明後日は4月1日だ!

明後日は4月1日である。 4月1日と言えば、新学年度の始まりであり、エイプリルフールでもある。日本全国、なんかふわふわした日ではないだろうか。しかし、しかし。大学教員にとって4月1日と言えば、科研費の採否が判明する日なのである。ある意味、一般的な教員(←小市民に分類される教員)は一年で一番重要な日、且つ一番緊張する日ではなかろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘い叱咤激励

先週のバレンタインに貰ったチョコレート↓↓↓ 研究費をガッポガッポ集め、研究に邁進して下さない♪ という叱咤激励か!? やってやる やってやる やってやる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業さんとの打ち合わせ

企業さんとの打ち合わせが一件あった。 奨学寄附金を頂いているので新規ではありませんが、共同研究に関しては新規ですかね。本学の知財の方も含めての打ち合わせでした。 結果としては、共同研究は時期尚早ということで今回は契約を結ばないことに。ラボの設備&技術を用いればできないことはないけれど、できる保証はない、というのが自分の判断。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お年玉♪

それは、仕事始めの6日9時の出来事。 「2020年度 助成決定通知」というメールが届く!おおぉぉぉぉー!唯一申請していた研究費が採択された!お年玉だべ、まさに。子供たちにあげたお年玉よりも0が3つ多いわ! 審査員の先生方、誠にありがとうございました!頑張って仕事します! 財団物。昨年度は財団からの助成はなかったので、良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予算獲得に動くか、動かないか

来年度に向けて予算獲得に動くべきか。 ふと見た情報サイトで自分が応募できる財団物の公募を発見した。採択されると100万円。100万円やるわ、と言われたら欲しいが、今は難解な論文書きに集中したいと思っている自分にとって、取れるかどうかの100万円はなぁ・・・。挑戦しとけ、という自分よりも、今は論文書きに集中せい!という自分の方が強い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費申請書 提出完了

科研費申請書を提出した。 2週間ほどオフィスの机に申請書を放置していた。たまに見ては気になるところをチェックしていたが、もうこれ以上書く気力がなくなった。劇的に向上する修正内容でない限り、これ以上力を注ぐのは無駄と判断したとも言う。で、そんな修正内容は自分の頭からは出てこない。ということで、昨日 e-Rad にて提出を完了した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費申請書 進捗具合

科研費申請書、ちょこちょこと進めてます。 ver. 5 まで行っているので、全体的にはそろそろ最終ヴァージョンに近づいてきた、とういう感じですかね。 今回の申請書は、「誰が読んでも理解できる」ことを目指しております。はい。研究の内容や意義なんかは人によって受ける印象は様々だからね。実験方法なんて、最新の技術なんかわからないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捺印マット

事務の方から電話があった。 「共同研究費では捺印マットを買えません」と。 クリーンベンチ内で植物を解剖するときに敷くマットなんだよね、利用方法は。誰もハンコを押さへんて。でも、まぁ、「捺印マット」って名前で伝票が来てるので、そりゃぁ、事務も確認の電話をしてくるわな。解剖用マットが高いので、安い捺印マットを流用ってやつですな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前の科研費申請書の方が良かったな

時間があれば科研費申請書を書いている。 否、あまり書き進めていないので、見つめているってところか。それもこれも、今の申請書が書きづらいから。「1 研究目的、研究方法など」に詳しい研究計画・方法も書くんだよね?3年間レギュラーの研究種目で申請書を書いていないので、すっかり浦島太郎な気分である。前までの申請書は「目的=2ページ」+「研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費 審査結果開示

昨年度申請して不採択だった科研費の審査結果を遅ればせながら見てみた。 以下、データである。 基盤研究(C)の特設分野 申請 423件 採択24件 うち、自分が申請した区分 申請 216件 採択12件 おおよそ採択率は 5%強ですな。 で、今回も事前の書類審査(プレスクリーニング)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費申請書の添削を請け負いますってか!?

今週頭から科研費申請書を書き始めた。 と言っても、まだエンジンがかかるわけではもなく、構想を練っている段階。少しずつ書き進めてるつもりでも、書いては消して、の繰り返しによりまったく進んでいない状況。ほんま、エンジンがかかるのが遅い。 こういう時は他力本願である。ネットで他の先生方の科研費申請書書きの進捗状況をサーベイすること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年度後半戦スタート

お盆休みも終わり、いつも通りオフィスへ。 しばらくオフィスに来てなかったので(お盆休み中2回ほど顔を出した程度)、新鮮な気分である。リフレッシュ効果によるやる気はみなぎっているようだ。 さて、2019年度後半戦のスタートである。2019年はもう4カ月ちょっとしかないけど、日本独自の年度制度であればまだ半分は残っているからね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費申請書の入手を試みるも・・・

時間が空いたので、科研費の申請書をダウンロードしようと科研費HPにアクセスした。 夏休に入る前に構想を練って、夏休み後に再度構想に入る予定であったが・・・。今年のものはまだアップされていないのね・・・。 ということで、今年の申請書フォームは入手できなかった。早くしてくれよ。こちとら、小市民なんだからさ。早く早く準備しないとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不採択通知が届く

不採択通知が届く。 全くオーラを感じない薄っぺらの長形3号の封筒で届いたので、開ける前から不採択通知だというのは丸わかり。開けてもやっぱり不採択通知である。 まぁ、実力不足と言えばそれまでだけど、申請の内容は良いと思うのよね、自分的には。何がアカンのかよくわからないが、審査員にとって魅力がない(=支援したいと思わない)内容だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究費申請完了

研究費の申請を完了した。 実のところ、今年度は財団や国から新しい予算をひとつも取ってこれていない(継続のものはあるが)。そもそも申請自体をあまりしていないとも言うが、毎年ひとつは新規採用されたいのである。ということで、論文投稿後、急遽申請書書きを始めたのである。重要な書類は1ページだけなので、書く文量は少ないが、ロジックの構築に頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特設分野の採否発表

科研費・特設分野の採否が発表されたようで。 e-Rad を見ましたわ。期待せずに見ましたわ。期待しなくてよかったですわ。 不採択 ですな・・・。 特設分野、難しいですな。ちなみに、第二審査まで進んだのかは現時点ではわかりません。多分、進んでいない気がする・・・。 今年はメインの科研費(代表のもの)を申請をしないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年も後半戦

気付けば今日は7月1日。2019年も後半戦のスタートですな。 と言っても、今から挙がる研究業績は2020年のものになるかな。論文もそうだし、研究費もそう。これからアクセプトされるものは2020年の業績になるし、今から申請して採択された研究費の多くは2020年度使用になるのである。そういう意味で、これからの活動は2020年に向けた種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も企業さんと打ち合わせ

今日も午後から企業さんと打ち合わせ。 このメーカーさんとは彼是10年以上の付き合いになる。異分野ではないけど、ちょっとブドウとは離れている植物屋さんですね。 これだけ長く付き合ってもらえるのは珍しいです。最初は自分から声を掛けたんですよね。こんな仕事ができますけどって感じで。まだ山梨大に来てすぐの頃で研究費もそんなに取れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業さんとの打ち合わせ

昨日は企業さんとの打ち合わせがありました。 何でブドウ屋がそんな他分野のメーカーさんと共同研究してるわけ?っと言われる大企業さんとの共同研究。今年で4年目になっておりますよ。良い付き合いができているんです! 今回の打ち合わせは今年の研究スケジュールの確認と今年度予算の話。企業さんの方で色々ありまして、今年の研究費は少々減額の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究機器の修理

先週壊れた研究機器。 代理店経由でメーカーにいつ修理に来れるか尋ねたところ、今週も来週も平日は修理に伺う時間が取れないと言う。ただ土曜日なら大丈夫です、ということで、この土曜日に出張修理に来てもらった。休日(なのかどうかは?)で悪いなぁ、と思いつつ、ラボとしてはラッキーであった。なにせその機器がないと、依頼を受けているサンプルが解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more