アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
山梨大学 ワイン研 果実遺伝子工学研究部門
ブログ紹介
山梨大学ワイン科学研究センター果実遺伝子工学研究部門のブログです。ブログ管理者は果実遺伝子ホームページ(http://www.wine.yamanashi.ac.jp/fruitgenetic/index.htm)の管理者です。
zoom RSS

昨晩は楽しかったな

2017/04/26 07:43
昨晩の反省会は楽しかったな。

昨晩は某ワーキング・グループの反省会で、甲府駅周辺で食事&お酒を嗜んだ。メンバーは10人弱であるが、全学部の先生が揃っていた。医学部、教育学部、工学部、生命環境学部。まさに情報交換には最適な場であった。もちろん、ワーキングの昨年度の活動を振り返り、反省もしましたよ、ほんの少しだけ。

仕事の話もあったけど、どちらかというと趣味の話(トライアスロンの話は興味津々。自分ではできないけど)とか、昔の留学時代の話(スイス、スウェーデン、ペンシルバニア)、とか。専門分野は違えども、芯は同じだから体験談も素直に聴くことができる。自分もそうだったなぁ、と。

そもそも医学部の先生はキャンパスが違うので、こういう機会はなかなかない。医学部の先生とテーブルを囲んで飲むのは山梨大に来て2回目ではないだろうか。ワーキングは責任が重く大変だったが、やって良かったなと思った次第。また機会があればぜひ飲みたいですね。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今週はすべて早帰りだな

2017/04/25 07:29
今週はすべて夕方にはオフィスを出なくてはいけない。

1日はワイン研のガーデンパーティー(ワイン研全体の新歓)、もう1日は某ワーキングの反省会、そして打ち合わせと、3日間は仕事がらみでの付き合いである。残り2日はプライベート。プライベートは外でもメールが見れるだろうが、仕事がらみの3日間はメールを見るのは翌朝になるかな。ということで、今週は18時以降のメールは即返答できません。

今週を過ぎればゴールデンウィーク。5月1日、2日と休んで大型連休にしたいが、子供も学校があるので、それは無理。そして、6日、7日と剣道の審査があるので、我が家のゴールデンウィークは5月3日〜5日のみである。それでもないよりはまし。全然まし。

3〜5日は完全オフ(本音ではメールもオフにしたい・・・)にしたいので、今週の早帰りは有効時間と言う意味で少々手痛いものである。今週は効率よく仕事を片づけていかないと、ゴールデンウィーク明けが怖いな。

さて、やるべ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


quality of life

2017/04/24 07:34
1週間のスケジュールは日曜日にGoogle カレンダーでチェックする。

そして1週間の大体の仕事のペースを考える。この仕事は水曜日に手を付けて1日で仕上げるとか、あの仕事はまだ手を付けなくても良い、とか。そして、月曜日にオフィスに来たときに再度デスクの前に掛けてある紙のカレンダーでスケジュールの再チェックをすろとともに、To do リストを見ながら、自分が組み立てたスケジュールで良いのか確認する。

やるべき仕事は To do リストに書いてある。ここに書いてない仕事は自分にとって誰にでもできるただの雑務でしかない(例、会議の資料作成なんかは書いてない)。 今書いてあるのは論文2本、スライド作り1本、報告書2本、依頼原稿1本である。報告書は5月末締め切りであるが、必ず作成しなくてはいけないので、早々に To do リストに挙げてある。大体1か月に1回かな、このリストを書き換えるのは。

ということを日曜日の夜から月曜日の朝一にやっているのである。ところが急に入ってくる仕事もあるので、組み立てた通りにはなかなかいかないけど。週末にラボのスタッフから推薦書の依頼と、依頼原稿の校閲(表を作り直しらしい)が入ってきている。

ということで、やるべきことは山ほどあるので、それを効率よく如何に片付けるかが quality of life につながると信じている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日のわんこ達

2017/04/23 11:00
昨晩の雨が嘘のように今朝は良い天気である。

朝の散歩後、恒例のお昼寝中。

画像

大将は陽のあたる場所で。
画像

ベルはテラスで。

目は瞑ってても耳が動いているので、本気寝ではないな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クワガタ(メモ)

2017/04/23 08:59
モーレンカンプオウゴンオニクワガタの成虫を取り出すことにした。

2月末〜3月中旬に羽化した個体であるが、予想ではすべて♀である。
モーレンカンプは♂でも顎が短いため、予想を外れてくれれば良いのだが、さて如何に。

画像


画像


画像


予想が100%当たってしまった。

個体によって、ずんぐりした感じが違うが、ローゼン♀に比べるとすっきり細長い感じである。
違いと言えば、他のオウゴンオニクワガタに比べ頭が黒い・・・か?
画像


モーレンカンプは残り2頭が蛹である。
蛹化時期で2か月ほど遅いため、♂の可能性も十分にある。

期待して羽化を待ちたいと思う。




と思っていたら援軍が!!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共同研究

2017/04/22 08:33
昨日は共同研究の打ち合わせでした。

某メーカーとの共同研究は昨年度から。一般の人がそのメーカー名を聞いたら、なぜワイン研と共同研究?と言われそうな異分野のメーカーです。初めての取り組みなので、昨年度は完全に試行の段階。今年度は実用化に向けた課題抽出、補正+データ取りという感じでしょうか。1時間半にもわたる打ち合わせで双方が方向性を確認して終了。

異分野の人と話すと自分の無知さが出ますね。その分、非常に楽しい。何歳になっても勉強ですわ。何とかこの仕事を完成させたいの一言です。

ということで、ラボ総出であたるとしますか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


教育研究経費

2017/04/21 07:19
大学から支給される教育研究経費。

教育研究経費 = 校費 というやつである。これが昨年度からしょぼくなった。うん?正確には違うな。もともとしょぼかったのだが、研究費に掛かる間接経費の戻り分(大学からいくらか戻ってくる)でそのしょぼさを補っていた。それが昨年度から無くなったので(=間接経費は大学が総取り)、校費がスカスカになったのである。年にして3ケタ前後は校費が減ってしまった。

外から獲得した研究費は研究に限った使用に限られているので、例えばパソコンを買おうとしても、汎用性の高いものは研究費では買えないことが多い。科研費でパソコン買ったら怒られるわ、ブドウ屋は。では、どうするか。その時に、使用制限が低い校費を使うのであるが、今の金額ではパソコンさえ買えないレベルになってきた。まぁ、奨学寄付金で買えるけどね(でも、意地でも壊れるまで買わない)。

まぁ、何が言いたいかと言うと、はっきり言えば教育研究費なんてコピー代程度(数万)でもいいから、間接経費の教員へのバックを復活しろ、と言いたいわけだ。間接経費をたくさん取ってきても(=研究費を集めても)、何の見返りもない状況ということである。大学の足りない予算を研究費を多く取ってきている教員で穴埋めしている状況はフェアではないわな。「公平に」教育研究費を大幅カットして、もっと外部からの研究費を獲得しないと自滅でっせ!という制度にしないと、だめでしょ、ってこと。アメリカなんかだと間接経費はすべて没収だが、間接経費の額が多ければ、講義は免除されるし、ラボも大きいスペースにしてもらえる。日本では、一銭も稼げなくても、年に1報も論文を書かなくても、「公平」という戯言のもとに、講義は同じコマ数、ラボのスペースも同じ、雑用も一緒、給料は勤続年数で、ときてるからな。アホかっちゅうの。

いつかこの制度を変えてやるべ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そろそろ新年度の疲れが出る頃か

2017/04/20 07:31
新年度が始まって3週間。そろそろ疲れが出る頃だろうか。

というのも、うちの娘がそうだからである。体調を崩したわけではないが、見るからに疲れている。新しい環境での気疲れもあるし、剣道部に入ってしごかれているのもあるのだろう。前者が主だとは思うが、遊びに出たがる娘が週末は家でゆっくりしたいと言っていることからも疲れてるんだなと判断。昨日は剣道の道場に行く日であったが、休ませることに。

担任をしている1年生の中でも体調を崩している学生が数人居り、先週末のオリエンテーションを休んでいた。自分もアメリカに行った時、初めての休みの日は24時間近く寝ていた記憶がある。初めての海外での生活で、自分が思った以上に気を張っていたのだろう。金曜日の夜に寝て、起きたら土曜日の夕方だった。

皆さん、あまり無理をせずに。休める時に休むと良いべ。体調管理をちゃんとすることも大人の世界では重要な仕事のひとつですので。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日から高校へ

2017/04/19 07:30
今日から県内の高校へ行くことになった。

と言っても、子供やかみさんが高校へ進学したわけではなく、自分が高校へ実験指導に伺うだけである。俗に言うスーパーサイエンスハイスクール(SSH)での実験指導に出向くのである。週1で1年間。

彼是、この高校へ指導に行き出して4年目となる。最初は頼まれ仕事であったが、教えていた学生達が学会で賞を取ったりするうちに教えるのも楽しくなっている。やはり目標を高く持って実験すると楽しいのである。

初代の教え子3名は受験を乗り切り、無事に今年大学1年生(国立大×2、私立大×1)になっている。密に実験を教えていたので、成長を見聞きするのは嬉しいものである。2代目は現在3年生で受験生。今年教えるのは3代目(高校2年生)である。

1年間楽しく、そしてやるからには何らかの結果を残してたいと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日は講義

2017/04/18 07:24
本日は講義がある。

先週から1年生対象の生命環境基礎ゼミが始まっているが、こちらはチューター的な役割なので講義という感覚はない。今日は90分喋るので(実際はもっと短いけど)、講義感バリバリである。

今日の講義は「ワインと宝石」というオムニパス形式の講義なので、今日1回だけの出番である。シラバス曰く、

「山梨県の地場産業に関わる研究を行っている二つの研究施設、ワイン科学研究センターとクリスタル科学研究センターの教員がそれぞれの専門に基づき、基礎的な内容の講義をする」

ということである。

一般教養なので、全学部対象。受講者数は120人程度。それを5限(16:30〜18:00)にやるので、講義をまじめに聴く学生と単位だけ欲しい学生とが激しく分かれるのが特徴である。それをどうやって操るのかは腕の見せ所であるが、これまで一度も満足できたことはない。さて、今日の出来はどうだろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


旗振り

2017/04/17 07:26
今日はこれからPTA活動の旗振りである。

ということで、このブログは家で書いてたりする。朝ゆっくりできるのは最高であるが、オフィスに早く行かないと何だか落ち着かないのは職業病か。

今年からは小学校と中学校のPTA活動があるので、色々と大変である。中学校は役員になってしまったし(学級部長:クラスの取りまとめ)。まぁ、誰かが活動しないとダメなので頑張りますわ(多くはかみさんがやってくれるが、旗振りは自分)。

ということで、交差点へ向かいますか。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日のわんこ達

2017/04/16 14:33
小腹がすいたので、食パンをかじることに。

わんこ達にもパンの耳をお裾分けする。
画像

ベルは嬉しそうだが、大将は・・・。

やはり大将は口に入れては、ペッと吐き出すのであった。
罰当たり者め!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地域食物科学科 新入生オリエンテーション

2017/04/15 07:16
〜地域食物科 学平成 29 年度 新入生オリエン テーショ日程 〜

新入生の皆さん、入学おめでとうございます!
初対面となる新入学生同士ならびに教員とのコミュニケーションを円滑にするためオリエンテーショを実施します。
地域食物科学科の学生として山梨の伝統食「ほうとう」がどのように作られるのかを地元の方に学び、実際に調理・試食を体験します。

ということで、忍野村「大橋荘」へ Go !

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


研究費獲得だべ

2017/04/14 07:23
研究費の採択通知が届いた。

本年度のために昨年度1件だけ申請した財団物である。財団事務からメールが来て、採否は添付した pdf に書いてあります、ときたので、これはダメだったな、と思った次第。薄い封書並みにダメだと思った次第。しかし、金額が書いてあり、採択されたことを知る。

これまでの経験上採択された場合メールの本文に「採択されました」と通知されている場合が多いので、添付ファイルという時点でダメだと思っていた。その分、素直に嬉しい。財団物の研究費確保は1年にひとつを最低限の目標にしているので、ホッと一息、目標達成である。審査で高得点を付けて頂いた審査員の先生方に感謝する次第である。まずは結果を出さないとな(実は既に出ていたりするが)。

さて、これにて4連勝(受賞→学内予算→科研費→財団研究費)である。今年ひとつ大きい予算を申請する予定である。次の目標はこの大型予算獲得に照準を絞ることとし、無駄に労力を消費しないため細かい研究費申請は best match 以外控えることにする。

大物を釣り上げるべ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日も振替休日である

2017/04/13 07:37
実のところ、今日も振替休日である。

とは言っても、6時半過ぎからオフィスに居るし、午後は会議がふたつあったりする。でも出勤簿的には休みだったりする。面倒くさいシステムである。事務の方が振替をやってくれるので振替休日を取っているが、自分でやることになったら振替を申請する手間が面倒なので完全無視だろうな。自分はブラック企業のブラック社員として好きで仕事をしているのだから放っておいて欲しいが、まぁ大学も一事業所なのでそうは言っていられないのだろう。

ということで、今日はボランティアみたいなものである。まぁ、振替休日を休まない理由もある。すばりゴールデンウィークは休みたい!普通に休めよ、と言われるかもしれないが、ゴールデンウィーク明けに締切りがいくつか入っており、ゴールデンウィークを休むためにはそれ以前に仕事を仕上げておく必要があるのである。今、休まないのはゴールデンウィークに家族で出かけるため。ただそれだけである。

やるべ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


報告書脱稿→論文投稿へ

2017/04/12 07:17
急ぎの報告書を書き上げ、提出した。

企業との共同研究関係の報告書である。今年度も引き続き一緒にやるために早々に提出しなければならなかったもの。はい、そうですか、で研究費を出せるわけではないからね。予算があって、部署内調整があって、どの研究にどの程度予算を振り分けるか、の決定要因として前年度の報告書が大事なのだろう。データは既に出揃っており、生データはグラフ化して提出もしているので、それを報告書にまとめて昨夕提出した。今年度も継続できれば良いかな。

昨日の午前中にカバーレターは書いたので、報告書を提出後、論文の最後のチェックを行った。そのまま投稿までいきたかったが、少し直したい部分があったので、これから直して投稿することとする。今日は9時から会議なので、間に合うかどうかギリギリだな。

これを投稿すれば、審査という旅に出ている論文が3報になる。少しはまともになってきたが、研究費に対する論文数という意味ではまだまだ足りないな。全然論文数が追いついていない。まぁ、ラボの過渡期とも言えたので、盛り返すまでやるしかないわな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


チャンスではなくなった・・・

2017/04/11 07:50
昨日も今日も全くチャンスではなくなった。

昨日のブログで「月曜日と火曜日は何も予定が入っていないのでチャンス♪」と書いていたが、色々と急ぎの仕事を頼まれ、ウキウキ気分は消滅・・・。まぁ、やるけどね。でも、何回同じようなことをやらせるんだろ?と思うような依頼仕事でがっかりする。直接入手できるものは入手先が学内なんだから自分たちで手に入れれば良いじゃん。こちらの予定なんかは関係なく締切りを切ってくるしね。やるけどね。やるけど、意味を持たせられない仕事に力はそそげないな。

ということで、昨日は英文校閲から戻ってきた論文だけを少しチェックできただけ。書きかけの論文には手が出ず。「論文、書くべ!」というテンションが落ちたので、今日はいつでも投稿できるようにカバーレターだけを書いて、後はその他の仕事を片付けることにする。昨日、共同研究先から報告書提出の依頼もあったしね。こちらは早々に対応するべき事案なので、カバーレター書きの後は報告書の作成だな。

某雑誌から review の依頼があるのだけど、この調子じゃまともに書けそうもないな。断るべきか・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日、明日はチャンス!

2017/04/10 07:39
今日と明日はチャンスである。

何がチャンスか?講義も会議も打ち合わせも締切りも入っていないからである。突然の雑務が入ってこなければ、2日間は完全空き時間である。では、クリアーな2日間をどう過ごすか。

先週は担任業務で非日常の生活を1週間過ごしたため、研究面での歩みが遅かった。というか、全く進んでいない。ということで、今日、明日は論文書きと論文投稿に集中することとする。

予定通りであれば、本日英文校閲から論文が戻ってくるはずである。まずはこれを投稿することを第一とする。投稿先も決まっており、その様式になっているので、校閲で大きなミスが見つからなければ今日、ミスの修正に時間がかかれば明日、投稿できる。その隙間時間は論文書きに集中したい。現在、イントロ、マテメソを書き上げ、漸く結果まで辿り着いてたいつもであれば文章を書く前に図表は作っておくのだが、今回はデータが多く何通りのストーリーが考えられたのでストーリーを考えながら(文書を活気ながら)、その都度図表を作っている。そのため少し時間がかかる。明日中に結果を完成させるのは少し難しいが、4月中に書き上げることを目標に少しずつ歩みを進めておきたい。

では、やるべ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


信玄公祭り

2017/04/09 08:46
金曜日〜土曜日と、甲府では信玄公祭りを開催中。

日曜日の今日は舞鶴城公園にて剣道大野試合が行われるため、子供達も出陣です。
画像

赤白に分かれて、面に付けた風船を割ります。
今年は赤。
間もなく出陣です。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クワガタ(メモ)

2017/04/09 06:25
ババオウゴンオニクワガタの菌糸瓶を交換することにする。

削りカスでしばらく育てたのち、プリンカップで育て♂と判断した幼虫を1400と800に分けて育っている。
これは1本目から大きい瓶で育てた方が良いという話を聞いたので、比較実験してみたのである。
飼育温度は24度。
2か月半後の比較である。
画像

800も1400も遅いくらいの交換となった。

さて、幼虫体重は如何に?

800 ↓↓↓
画像

22・6グラム

1400 ↓↓↓
画像

22.4グラム

はい、変わらず。

1400の方はまだ中の方に食べれそうな部分もあったので、ボトルのサイズに関わらず同じペースで食べ太ったと判断した。
800はほとんど食べつくしていた。
ということは、よく食べる幼虫であれば、もっと体重を延ばせたのは1400か。
では、どちらのボトルが良いのか。
まだ何とも言えないというのが結論である。
幼虫→羽化を1サイクル回した結果から判断したいと思う。

いずれの幼虫も2000のボトルに移ってもらい、24度に戻って頂いた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

山梨大学 ワイン研 果実遺伝子工学研究部門/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる