アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
山梨大学 ワイン研 果実遺伝子工学研究部門
ブログ紹介
山梨大学ワイン科学研究センター果実遺伝子工学研究部門のブログです。ブログ管理者は果実遺伝子ホームページ(http://www.wine.yamanashi.ac.jp/fruitgenetic/index.htm)の管理者です。
zoom RSS

大学ブランド食品

2017/03/25 08:13
出張で明治大学へ。

会議で配ってもらったお茶がコレ。
画像
画像
画像

製造はメーカーなのね。
技術開発なのかな。
何も書いてないので、大学がどのような役割をしているのかよく分からん。

まぁ、大学ブランドの食品は多々あるが、山梨大学ワインに勝てるものはないな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


卒業式が明けて通常業務へ

2017/03/24 07:49
昨日の卒業式も明け、今日から通常業務へ。

17時からの生命環境学部祝賀会。まぁ、これは仕事だな。他学科でも講義等で教えた学生さんも居るので、彼ら、彼女らを送り出してあげるという意味合いかな。ということで、この会はセーブして過ごすことに。果実遺伝子以外の卒業生から声をかけてもらって写真を撮ってもらえたのは単純に嬉しかったな。ありがとう!

そして、19時半からのラボの打ち上げ。こちらがメインなので、ほどほどに全力投球をする。久しぶりに贈る言葉も披露。最後に卒業生を代表してスピーチしたスタッフが涙を流したのには少し感動。卒業式に涙。いいんじゃない。色々と募る思いがあるのだろうな。ずっと大学の研究室に居る自分にはわからない感情だと思う。素敵な人生を歩んで欲しいと心の底から思っています。ありがとう!

ということで、卒業式も明けて、今日からは通常業務。とりあえず、昨日の15時からチェックしていないメールを見ますか。メール内に緊急対応の仕事がなければ、論文書きの続きを。午後からは企業との打ち合わせだな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


卒業式2

2017/03/23 07:05
本日は山梨大学の卒業式。

大学の卒業式ともなると、厳粛なムードよりも最後にハイテンションで仲間と別れるというイベント、と思っています。ということで、本番は夕方からの祝賀会、その後のラボのお祝い会。そこで弾けましょうかね!

自分は子供の頃から転校ばっかで、小学校は3つ行きました。幼稚園までも1、2年で引っ越していたので、年少の頃の記憶さえありません。中学、高校は名古屋に居ましたが、大学になってからは実家を離れてしまったので、幼馴染という存在が皆無です。中学、高校の同級生も積極的に会うことはなくなってしまいました。今、昔を懐かしんで会うのは大学の友人であり、ラボの先輩、後輩です。

自分にとって、同じ釜を喰った仲間、という古き言葉はまさに大学時代のことを示していると思います。同じ業界に進んだ仲間が多く、仕事のつながりが強いという理由もありますが、苦楽を共にした仲間という意味では、社会に旅立つ寸前の大学時代の仲間は貴重な存在だったはずです。色々な相談をしたはずです。泣いたり、笑ったり、けんかしたり。例えまったく違う世界に進んでも、会えば昔の仲間に戻れる。それが大学時代の友人であり、先輩、後輩であるべきです。

これからの人生でふと立ち止まりたくなったときは、ぜひ大学時代の仲間を集めて飲んでください。学生時代に戻ったみんなには自分の出発点が見えるはずです。そして、自分が歩んできた道が見えるはずです。その道を進んで来られたのです。これからも前へ進んでいけるはずです。

卒業、修了、おめでとうございます!
大きく羽ばたいてください。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


卒業式1

2017/03/22 07:34
本日は娘の小学校の卒業式である。

かみさんは気合を入れて、早朝から髪上げ、着付けに行っております。自分は犬の散歩後、時間までゆったりしています。まぁ、セットする髪もないからね。

娘は前職の赴任地である愛媛県松山市で生まれ、1歳になって直ぐに甲府に引っ越ししてきました。最初の子供だったので、甘やかしすぎた部分もありました(←かみさんにいつも言われております・・・)。そのうち、長男が生まれ、次男が産まれ、娘には「一番年上なんだから!」って怒ることが増えてしまったのは反省です。でも、考え方が古いのかもしれませんが、上に立つものとしてはやはり責任感をもって行動してもらいたいんですよね。

その娘も今日で小学校最後の日を迎えることになりました。自分に似ず争うことが嫌いな娘にはこの6年間、嫌なことも多々あったかと思います。我慢したことも多々あったと思います。それでも頑張って小学校に行ってくれたことを親としてただ感謝するだけです。

中学生になるともっと厳しい現実に直面することもあるかと思います。娘にとって初めての中学生活は、自分にとっても中学生の親としてのデビューとなります。新米同志として、一緒に頑張りましょう!

6年間、お疲れ様でした。そして、ありがとう!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


教授会だが・・・

2017/03/21 07:33
本日は教授会だが、欠席することに。

というのも、同時刻に別の会議があるため。3月ってこんなに会議が多かったか?と思うくらいだから、教授は会議が多いっていうちまたの噂は本当だったのである。しかし、「実」のある会議ってのは少ない。自分が出ていて、これは重要だなって思うのは、教務関係か、特殊なワーキンググループくらいか。後は、報告だったり、審議事項でも口を出せないことが多い。まぁ、口が出せなくても口を出させて、毒を吐かせている、という面もあるのかなとは思うが。

後は全員了承したね、という証拠が欲しいだけか。日本の大学はもっとトップダウンで物事を運んでも良いと思うけどね。そうすればもっと会議は減らせるはず。その分、上に立つ人間は責任が重くなるが(その分、権限も大きくなるけど)、上に立ちたいから立っているのだから(選挙活動があるくらいだからな)、それでOKではないかな。教授が顔を並べて、「はい、そうですね」という会議は要らんな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クワガタ(メモ)

2017/03/20 09:01
3頭の幼虫のみ飼育しているヘラクレス・ヘラクレス。

血統等には興味がなく、ただ単に一度育ててみたいため、ヤフオクにて安価で購入した。
それが昨年1月頭。
孵化はその前の年の11月と聞いている。
♂×2、♀×1との判断は正しく、♀は先月羽化した。
そして、1年と4か月となり、待望の♂が羽化をしたのである。
画像

羽が閉じそうもない・・・。
お尻も出ている・・・。
そして・・・
画像

角も先端が曲がっている・・・。
ということで、完品羽化とは言えない状況である。
しかし、威張れるような個体ではないが、実のところ大満足である。
達成感あり。
これで十分である。

さて、この♂と羽化ズレが1か月しかない♀も動きだそうとしている。
画像

ヘラクレスはアウトブリードが王道だが、自分は産卵→羽化までの一連の流れを経験したいだけなので、これらの個体でインブリードを試すか、♀をどこかで調達するか考えているところである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日のわんこ達

2017/03/20 09:00
大将とベルの居るテラスも暑くなってきました。

暑いので氷入りヨーグルト飲料を。
画像

2人仲良く、飲んでる姿がかわゆす。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日も午後から会議である

2017/03/19 08:26
今日も午後から会議である。

入試関係の会議と学科の会議。1時間ちょっとくらいだろうか。学科会議が長引きませんようbに・・・。
で。今日のためにまた振替休日を取らなくてはいけない。しかし。しかし。水曜日は娘の小学校の卒業式なので、ナイス・タイミングである。卒業式に出て、その後親も参加する祝賀会(カラオケ屋だけど)があるので、一日お休みすることにする予定。水曜日に振替を取り、丸っと休みますので、みなさん、よろしく。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日は「山梨大学・読売新聞共催連続市民講座」

2017/03/18 07:18
本日は「山梨大学・読売新聞共催連続市民講座」の担当である。

タイトルは「植物の香り 〜植物が生き残るための重要な武器〜」という壮大なタイトルであるが、今年度の市民講座の副題が「創る〜山梨のチカラを活かして〜」ということなので、最終的にはブドウ〜ワインの香りの話に落ち着く。まぁ、いつも話をしていることなので緊張感はないが、準備は万端にしていきたい。スライドは既に完成し、担当部署に提出済みである。

ワインセミナーで話す場合はワイン好きが集まるので専門用語もある程度は許容される。しかし、今回は「市民」が対象である。自分の前は医学部の先生や教育学部の先生が面白そうな話をしていた(新聞で読んだだけだけど・・・)。すなわち、極端な話、ワインを一滴も飲まない人も聞きに来たりするのである。

ということで、スライドは同じでも言葉やスピードを考えながら話をする必要がある。まぁ、練習まではしないけど、少し頭で考えておいたほうがよさそうだ。後は、いくつか香りのサンプルを持っていく予定である。実際に香りを嗅いだ方が興味を引いてくれるでしょう、多分。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日もまたまた振替休日だったりする

2017/03/17 07:23
今日も振替休日だったりする。

いつの振替かと言うと、12日の入試業務の振替である。今月は、4日(土)、11日(土)、12日(土)、19日(日)と休日出勤となり、振替が生じている。大した時間働いていないので、振り替えてもらわなくても良いのだが、ルールなので仕方がない。ちなみに、明日も「山梨大学・読売新聞共催連続市民講座」の講師を担当なので、休日出勤である。しかし、こちらは手当が出るようである。正直、手当の方が嬉しい。

ということで、今朝も通常通りオフィスに来ているが、今日は色々とやることがあり、スタッフに代理出席をお願いしたりしている。仕事のキャパオーバーという訳ではなく、完全に私的なことでの外出があるので。休みだから堂々とすれば良いのだが、そこはそこ。色々とサポートしてもらえるスタッフが居り、感謝しきりである。

ということなので、論文書きも一時ストップ。予定通りマテメソに辿り着いたので、ヨシとする。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


論文書き、順調かも!?

2017/03/16 07:30
論文書きが思ったよりも順調に進んでいる・・・ような気がする。

というのも、昨日の夕方には後ひとつパラグラフを書けばイントロが終わるところまで書き進めれたのである。あまりにも順調だったので、最後のパラグラフに入る前に気が緩んでしまい、呆けていたのは内緒である。今週頭の目標としては、今週中にイントロを完了、来週は卒業式(娘の小学校と大学)が2日続けてあるので、来週中にマテメソに入れたら良いかな、というスケジュールだったが、この調子であれば今日からマテメソに入れはずである。いや、確実。

しかし、マテメソも少し苦戦するかもしれない。それは外注に出した実験方法をよく理解していないから。日本語の報告書を和訳すればよいのだけど、なにせ素人なのでtermを間違えそうである。分析苦手である・・・。ということで、よく似た方法を用いた論文を参考に書き進めるという作業になるかと思う。上手く書けるかもしれないし、苦戦するかもしれない。書いてみないと分からない。

今の段階では早め早めに進んでいるので順調としましょう。さて、やるべ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新たな論文を書きを始める

2017/03/15 07:47
昨日から新たな論文書きを始めた。

前々から構想は練っていたものの、他の論文(こちらは書いてもらっている)との関係もあり、単独で書くか、一緒にまとめるか、考えているところであった。結果、単独で出す方向で調整ができたので、こちらで新しく論文を書くことに。ファーストオーサーは大学院1年生(来月から2年生)のスタッフであり、現在、就職活動真っ最中。ということで、就活が落ち着くころにリバイズを求められる→追加実験を行う、くらいのスケジュールで進めて行きたい。

しかし。しかし。産みの苦しみを味わっている。イントロから書き始めているが、全く進みがない。昨日は一日かけて10行くらいか。とりあえず3つのパラグラフの構成に決めたが、パラグラフ間のつなぎを考えながら書いていると、なかなか進まない。頭に浮かんだストーリーをすべて書いて後から消していくという書き方でも良いのだが、今回は一文一文をつなぐ書き方で攻めたいと思う。今日の目標も10行。これで大体1ページというところか。先は長いが、イントロが完成すれば、後はデータに則って書くだけだからな。やるべ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年度末なので仕事を止める

2017/03/14 07:32
年度末なので、仕事を止めざるを得ない。

休日出勤やら、缶詰仕事やらで、空いた時間に論文書きを進めていた。そのおかげで ver.4 まで上がったのであった。通常期であれば、そろそろ英文校閲に出す頃なのであるが、今は年度末。年度末の会計処理は今週で完了させろ(納品させろ)、というご命令なので、今から英文校閲には出せないのよね。今、英文校閲に出すと最悪年度をまたぐことになり、会計処理が面倒になる。それを避けるために、取引先に納品書や請求書の日にちを新年度あるいは今週中のものに変えてもらうと、今のルールでは不正になってしまうのだよね。昔はよくあったと、業者さんは言うけど、今はダメ。

しかし、この「今週末までに納品完了!」というご命令はただのローカル・ルール(うちの大学だけのルール)だったりする。他の大学ではもっと厳しかったり、ゆるかったりしているようである。文科省に問えば、そんな決まりはない!と言うだろうけどね。それが、「The ローカル・ルール」。会計処理でよくある話である。まぁ、年度で動く日本で3月31日前に会計を締めるってのは分からくもないけどね。会計処理が大変だろうから。

最先端の分野ではないので、一分一秒でも早く論文を投稿しなければいけない、という状況ではないが、研究者としては早く論文投稿したいという気持ちには変わらない。でも、まぁ、しょーがない。4月まで寝かしますわ、原稿を。ラボで使う消耗品も買えないから、ラボもしばらく冬眠だな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日は缶詰仕事

2017/03/13 07:37
今日は缶詰仕事です。

10時から。終わるのは16時くらいかな。実際にやってみないとわからないけど、17時まではかからないはず。早く終わらせようとするとミスをするので、時間をかけて正確にやるだけ。ミスは許されないので。

長時間拘束されて一つの仕事に集中すると、仕事が終わった後の「脳みそ崩壊状態」が半端ない。まさに呆けた状態と言うか。論文を書いたり、頭を使う仕事をオフィスでしているときはそこまで頭が崩壊しないのは、それなりに休憩しながら(ネットでニュースを見たり・・・)やっているからなのであって、それくらいが実は効率的に仕事が進むということがよくわかる。物を作り上げる仕事はまさに芸術だからな。ちなみに、今日の缶詰仕事は芸術ではない。

ということで、10時までまだ時間はたっぷりあるので、今のうちに頭脳労働はやっておくことにする。早起きは得だな。缶詰仕事が終わった後は、頭を使わなくても良い仕事しかしない。しない。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クワガタ(メモ)

2017/03/12 08:40
順調に幼虫を確保できたババオウゴンオニの中、気になる瓶を3本発見する。

画像
画像

写真にすると見難いが、菌糸が劣化し、瓶壁から菌糸が剥がれている。
まだ2か月も経っていないが、交換することにする。
画像
画像
画像

すべて似たり寄ったりである。
頭の大きさから♂と思うのだが、すべて♀なのだろうか。

さて、これらの瓶のカワラ菌糸は初めて使用する菌糸であり、24度に置いていたものである。
現在、ババは2種類の菌糸を使用し、温度も20度と24度に分けて育てている。
もう片方の菌糸は24度でも劣化は見られないので、この菌糸は24度では持たない可能性がある。
今回交換したものは自分で手詰めしたものであるため、交換後の瓶は同じ菌糸の既製品を使用することにした。
そして、また24度で育てることにする。
これでまた2か月も経たずに菌糸がへたるようであれば、この菌糸は24度では耐えられないと判断することにする。

クワガタ飼育が研究の一環になっている。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


本日は後期日程の入試試験

2017/03/12 08:39
本日は後期日程の入試試験でお仕事です。

とはいえ、自分は地域食物科学科の試験とは別業務なので午後からの仕事です。

ということで、午前中はゆっくりさせてもらいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山梨大学ワイン・フロンティアリーダー養成プログラムシンポジウム

2017/03/11 07:42
本日はこちらの仕事へ。
画像

ワイン科学研究センターで進めている教育プログラムの事業最終年度ということで開催される報告会ですな。
自分は参加するだけ・・・。
それでいいのかなぁ?と思うが、まぁ、良いでしょう。
翌日はワイン研の先生方とは異なる後期試験の任務があるので、早々に退散してきます。

ということで、午後から外仕事でパソコンは使えないので、午前中にやっておきますか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


未だ待ち姿勢

2017/03/10 07:34
結果待ちの案件、未だひとつも連絡が来ない。

早く結果が来てくれないと、それが朗報でも色々と困ることがあるので、首を長くして待っている最中である。待っている間は非常に落ち着かない。とは言っても、何もしていないわけではない。今週は色々な物を脱している。シンポジウムの Booklet、共同研究の報告書、報告会のポスター、特許出願書類、などなど。今日は、来週土曜日に話す「平成28年度山梨大学・読売新聞共催連続市民講座」のスライドを脱稿する予定。これで大体終わりかな、今月半ばに締切りがあるものは。まぁ、ここまで順調に締切りを守れたのはラボのスタッフのおかげである。感謝。

さて。
プライベートでも連絡を待っていた案件が2件ある。1件については昨晩連絡が入ったので、来週スケジュール調整をする予定。もう1件も直に連絡が入ると思うが、こちらも未だ待ち姿勢である。待ち遠しいな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Booklet 脱稿 → 論文書きへ

2017/03/09 07:28
招待を受けていたシンポジウムの Booklet を脱稿した。

漸く完成したという感じ。新しいものを書くわけではないので、英語自体は大した問題ではなかった。しかし、これまでのデータ(論文)からストーリー(発表内容&スライド)を考えながら書いたので、結構手間取った。久しくシンポジウムなんかで話したことないからな。感覚が鈍っているわな。ちなみに、内容は、日本固有の品種「甲州」の紹介とその栽培方法、病害管理方法についての話となる。まぁ、日本のブドウ栽培の紹介ってやつだな。日本人にとっては面白味がないだろうけど、海外のワイン業界人にとっては「超」異国の日本なので、それなりに興味を持ってもらえるかなと、思っている。

ということで、頭が英語モードに切り替わったので、論文書きを再開することにする。特許出願の関係で pending していたドラフトの仕上げとなる。ただし、今月は来週で予算の使用締切りなので、英文校閲は4月になってからだな。2週間、時間がもったいないが、これが The 日本の大学、なので、まぁしょうがない。ルールに則ってやるのみ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


待つ

2017/03/08 07:19
結果を待っているところである。

今月から来月頭の科研費の結果発表まで、色々と結果が出るのを待っている。リストアップすると、

(1) 来年度の研究費の継続可否の結果
(2) 推薦してもらった賞の結果
(3) 学内予算の審査結果
(4) 科研費の結果

願わくば4連勝といきたいところだが、そう甘くもないだろう。2勝2敗を最低ラインとすると、(1)(3)は落とせないところ。

ただ、既にどうこう出来る状況ではなく、すべて結果は出ているはずである。結果を粛々と待つのみ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

山梨大学 ワイン研 果実遺伝子工学研究部門/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる