と思っていたら・・・(論文投稿、つづき)

論文投稿について続き。

昨日のブログで、「ドイツの雑誌に投稿した論文の審査結果が来ないわ・・・」って書いたら、夕方に審査結果が戻ってきた。それも、審査結果は「 reject 」。ガーン、である。これ、学位審査に使う予定なんだけど・・・。

まぁ、しょーがない、と直ぐに開き直り(reject慣れ?)、コメントを見てみたが、reviewers のコメントがなく、editor から少し長いコメントが付いていたのみだった。いつもなら、この雑誌は2-3名の reviewers が付くのだけど???個々の reviewer のコメントはどこ?うーーん。

どうも、正常に論文の審査が行えていないんじゃないかと勘繰る。 editor のコメントは全うなので、reject の結果は受け入れるが、審査に2か月半をかけてこれってのは、どうも怪しい。editor's kick と同じじゃん。投稿後すぐにできる対応じゃん。審査にかけた2か月半は何だったのか?ってところ。まぁ、依頼した reviewers から審査コメントをもらえなかったんかね。で、editor が判断したってところか。こんな状況だから仕方がないわな。

この論文、学位審査に必要なので次の雑誌に早々に投稿したい。でも、また審査が滞ったら、学位の取得が遅れるかもな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント