テーマ:教育プログラム

大学での教育について

昨日、e-ラーニングに関する会議があったのですが、そこで酷い違和感を感じました。自分は学生を教えるためには「Face to face」が重要だと思っているのですが(もちろん到らない部分もあります)、その会議の方向性は「ネット上でのユーザーインターフェース」でいいんじゃない、というもの。もちろん、e-ラーニングが初等教育や一般教育(英語、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン科学特別コースと畑仕事2

本日は、先週に引き続き、生命環境学部地域食物科学科ワイン科学特別コースの一期生とともに、ワイン研前の圃場で畑仕事でした。朝8:00からラボのスタッフと作業、9時から10時まで一期生と作業、その後、11時まで1人で作業。今日のメニューは、笠かけ。日本独自の作業ですね。レインカットはやっていないので(以前はやっていましたが、やめました)、梅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン科学特別コースの学生さんと畑仕事

昨日は、生命環境学部地域食物科学科ワイン科学特別コースの一期生とともに、ワイン研前の圃場で畑仕事でした。今日はその残りを朝7:30から1人でやっていました。9時過ぎには暑くなったので、オフィスに退散。まぁ、大体キレイになったので良し、としますか。昨日からのメニューは、誘引、芽かき、摘心、そして、ジベレリン処理、房の肩おとしです。前3つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栽培実習2

今日の午前9:00~12:00は栽培実習(ワイン科学特別教育プログラム2年生)。前回から2週間が過ぎました。予想に反して、良い天気で良かったです。やってる方は暑いでしょうが、雨よりはマシです。農業ですから「農作業は待ったなし」という状況も教えないといけません。前回の実習は2週間前。この2週間でどれだけ成長したか、感じてもらうつもりです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栽培実習

昨日まで、3日続けて出張でした。 熱海:研究費贈呈式 都内某所:すイエんサー ロケ 北杜市:進学ガイダンス まったく異なる仕事を3日続けると、自分が何屋だったのか忘れてしまいそうです。 そして、今日の午前中はワイン科学特別教育プログラムの学生(学部2年生)と栽培実習です。良い天気で良かったです。作業予定は、誘引がメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨大学生命環境学部

来春4月(平成24年度)から山梨大学に新しい学部が新設されます。これまでも新聞やテレビで「新設!?」と報道されてきましたが、無事に審査を通過し、晴れて宣伝ができるようになりました。 生命環境学部HP http://www.les.yamanashi.ac.jp/ 平成24年度から、ということは、今年度、入試があるわけですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターンシップ報告会

修士課程ワイン科学コースではワイナリーでのインターンシップを必修科目にしています。8月、9月、各1週間ずつ2社で勉強することになっています。今年度は修士課程1年生の2名がインターンシップに行っており、その報告会が昨日ワイン研でありました。ラボのスタッフの発表もありましたので、時間を見つけて参加しました。その感想を・・・ ① 2人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個別学力試験

今日は個別学力試験(前期)です。メインキャンパスではピリピリしていることでしょうが、少し離れたワイン研はいつもどおりの空気が流れています。 ワイン研に関係のある入試と言えば、ワイン科学特別教育プログラムです。今年は5人定員のところに17人募集があったと聞きます。3.4倍ですか。昨年は4倍を超えていたので、少し下がったことになりますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生向けの大学アピール

先週末、私用で名古屋まで日帰りで行ってきたのですが、その時に意外なものを見つけました。JR千種駅にある「福井大学」の看板です。私立大学ではよく見かける大学案内の看板ですが、国立大学で、しかも地元以外に看板を出すのは珍しいのではないでしょうか。福井大学が名古屋の高校生をターゲットにしているのがよくわかります。福井大学は、山梨大学と同規模の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度個別学力検査等出願状況

平成21年度個別学力検査の願書出願が始まりました。山梨大学のHPでも「平成21年度個別学力検査等出願状況」を見ることができます。ワイン研も「ワイン科学特別教育プログラム」がありますので、他人事ではありません。受験生よりも大学の先生のほうが出願状況をチェックしているような気がします。自分もそうです。みなさん、自分の学科の出願数が増えるとガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン科学特別教育プログラムHP 研究費

ワイン科学特別教育プログラムのHP(http://www.wine.yamanashi.ac.jp/w_program/Wine_program.html)は自分が作ったのですが、見栄えが悪いと作った本人がいつも思っていました。高校生の多くはインターネットで情報を収集することはデータからわかっていますので、HPの出来は一つのプラス様子に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入試関連業務終了&実験開始

昨日、今日と入試関連業務でほぼ缶詰状態でした。今年から名古屋でも試験を受けれるようにしたことで、他の先生方も大変だったようです。今日2時で滞りなく業務終了。晴れて自由の身になりました。今月の残りと来月はほとんど雑務はありませんので(研究費の申請書書き&報告書書き、そして論文書きは日課です)、久しぶりにピペットを握ることが出来ます。今日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン科学特別教育プログラムの倍率

今日が締め切りだと思いますが、現在の倍率が「たった」1.8倍しかありません。まだ2年目ですが、思った以上の苦戦になりました。毎年浮き沈みするのが受験倍率ですが、旗揚げして2年目でこれでは先のことを慎重に考えなくてはいけません。ワインに人気ないのか(そうは思いたくない)、情報が広がっていないのか(こっちと思いたい)。自分の責任ということで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン科学特別教育プログラム

二次試験の募集が始まり、毎日、ワイン科学特別教育プログラムの受験者動向を見ています。 ↓ ↓ ↓ http://www.nyushi.yamanashi.ac.jp/nyuushi/campus/entrance/index.html http://www.nyushi.yamanashi.ac.jp/nyuushi…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オープンキャンパス個別相談において

関係者各位、先週土曜日のオープンキャンパスはお疲れ様でした。模擬試験とバッティングして、昨年ほどは高校生が集まりませんでしたが、過去問説明会は盛況且つ熱気にあふれていたと聞きます。自分はワイン科学特別教育プログラムの個別相談を担当したわけですが、昨年に比べ、相談に来る方が少なくて困りました。人気がないのかな?と少々落ち込んでしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メールでの問い合わせ

先週末にメールで「ワイン科学特別教育プログラム」に関する問い合わせを頂きました。解糖をお願いしますということで、さっそく返信したわけですが、返信メールが返ってきてしまいます。大学のサーバーからも、念のためプライベートで使っているインターネットメールからも送信してみましたが、いずれも「ユーザーが見つかりません」と、返ってくる始末です。いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越し -中休み-

荷物保管場所として建てたプレハブが計算よりも小さかったのか、ワイン研に眠っていた物品が予想以上に多かったのか、わかりませんが、保管物品を入れるプレハブがいっぱいになってしまい、プレハブを増設するまで引越しはしばしの中休みとなりました。今日は溜まったデスクワークを優先順位をつけて片付けています。明日午前には増設が終わるとのことですから、午…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大学院教育プログラム「ワイン人材養成拠点・ワイン科学コース」

本日、「大学院教育プログラム・ワイン人材生涯養成拠点・ワイン科学コース」の運営委員会に出席してきました。地元のニーズを反映させたブドウ栽培からワイン醸造、将来的には経営学までを視野に入れた実学中心のカリキュラムを作成し、将来のワイン業界を担う人材を育成するのが、本教育プロジェクトの狙いです。カリキュラムも出来上がっています。このプログラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more